Atelier mimika では、数種類の

ピアス、イヤリングを 取り扱っております。

イヤリング・ピアス変更

左上から、


【 チタン素材キャッチタイプピアス 】
 
軽量かつ丈夫、イオン化もしにくいため、
金属アレルギーを起こす人は稀なようです。

 



【 真鍮鍍金素材キャッチタイプピアス 】

通常、製作している素材です。
真鍮に金色の鍍金加工をほどこしている素材、
お手入れなしでは劣化がすすみます。





【 樹脂素材素材キャッチタイプピアス 】

金属アレルギーの方ようにつくられた
医療器具にも使用される素材です。
稀に、樹脂アレルギーのかたもおられるようです。

樹脂のためピアス軸がやや太めです。





【 K18キャッチタイプピアス 】

K24が純金ですので、K18なら24分の18で
百分率(% パーセント)では75%が純金で
25%が硬度を上げるためなどのその他の金属ということになります。

ファーストピアスなどで使用されますね^^
金の相場により価格の変動もあります。





【 真鍮鍍金素材イヤリング 】

通常、製作している素材です。
真鍮に金色の鍍金加工をほどこしている素材、
お手入れなしでは劣化がすすみます。





【 真鍮鍍金素材フックタイプピアス 】

通常、製作している素材です。
真鍮に金色の鍍金加工をほどこしている素材、
お手入れなしでは劣化がすすみます。





【 14Kgfフックタイプピアス 】

金属総重量のうちの1/20以上が14金で出来ている
金張り加工のことを言います。
普通のゴールドメッキは真鍮などにゴールドが
薄くコーティングされています。
14KGFはゴールドメッキの100倍ほどの
厚さの14金プレートを圧着させているため、
長時間使用しても変色したり剥がれたりする心配は殆どありません。





【 14Kgfイヤリング 】

14KGF も取り扱い予定です!


Atelier mimika では、キャッチタイプのピアス

キャッチ部分をシリコンゴムで 揃えております。



上の画像、真鍮鍍金キャッチですと

金属どうしの摩擦により、金属アレルギーの引き金に
なるのでは・・・


という考えからです。





真鍮鍍金は湿気や塩分に弱いので
アクセサリーをつけて汗をかいたまま
手入れせずに放置しておくと
メッキが剥がれたり変色したりします。